アニメ「ReLIFE(リライフ)」 会社を辞めて今は就活中のアルバイト生活なのにニートと呼ばれる主人公


アニメ、リライフは漫画アプリ「comico」連載の学園漫画です。
7月よりアニメが放送開始しました。


1.png
©夜宵草/comico/リライフ研究所



自分は漫画は読んでおらず、アニメ放送が開始される前にTVCMで知りました。
当初、CMだけの印象では「高校からやり直す学園ものなんて題材がありきたりだなぁ」と
思っていたんですが、いざ見始めてみるとこれがなかなかにおもしろい!



©夜宵草/comico/リライフ研究所



どこが面白いの?と聞かれれば一言で伝えるのは難しいんですが、
なんというか、セリフ回しの自然さだったり、笑いのポイントだったり、
全体的な間だったり、よくまとまっていて、すんなり見ることが出来るんです。



ストーリーのあらましを説明すると、
主人公の海崎新太は人生につまずき「俺の人生どうしてこうなっちゃったんだろう」と嘆いているところへ
リライフ研究所の職員夜明了が現れて、見た目が若返る秘薬を飲んで高校生活をやり直さないかと
もちかけられます。酒の勢いで薬をのんでしまった新太は高校3年生の1年間を
やり直すことになるお話です。


2.png
©夜宵草/comico/リライフ研究所


 ↑ 謎の人物 夜明了


「謎の研究所」や「秘薬で若返る」など、いかにも漫画でありそうなネタでしょ?(実際漫画ですが)
でも、そんな前置きや設定は気にならないんですよね。

「もう一度やり直せたら」という誰もが思う願望がテーマなだけに
すんなり感情移入出来るからなのかもしれません。

第1話を見終わってから、ネットで調べて知ったんですが、
コミコのサービスが始まった当初から連載され続けている人気作なんだそうです。
(確かに見てみると、人気なのもうなずける。)



主人公新太君のプロフィールを見てみると
大分の田舎から東京の大学へ2浪して進学。就職活動したくないからと大学院へ進学。
卒業後、企業へ就職するも、わずか3カ月で退職。アルバイトをしながら食つなぐ
就職活動中の27歳無職。


3.png
©夜宵草/comico/リライフ研究所



見事なまでのつまづきっぷり!

夜明了からはニート呼ばわりされていたけど・・・
あれ?就職活動している人はニートと呼ばないんじゃなかったかな。

気になったのでニートの定義を調べてみました。

「ニートとは元々イギリスにおいて、就学・就労・職業訓練のいずれも行っていないことを意味する
用語であり、日本では、15〜34歳までの非労働力人口のうち、通学しておらず、家事を行っていない
「若年無業者」を指している」
だそうです。

(ニートって英語だったのか!しかも年齢制限がある。)

就職活動と職業訓練は違うからやっぱり新太君はニートなのかな?
細かい事はさておき、ちょっとつまづくだけでニートだと、さげすまれるのだから
イヤな言葉が定着したものです。





「アニメなんだからそこをツッコまれても」








「Fate/Apocrypha」より、赤のアサシン セミラミスがフィギュア化。
11月18日予約開始。
予約→ 1/8 赤のアサシン セミラミス PVC(完成品)[青島文化教材]