「ブブキ・ブランキ 星の巨人」 第1話はテンション高っ!



TVアニメ「ブブキ・ブランキ 星の巨人」が10月より放送開始されました。



1.png

© Quadrangle / BBKBRNK Partners



サンジゲン設立10周年記念作品「ブブキ・ブランキ」
完全新作フルCGアニメーションという事で話題を集めていた作品の第2期です。




星の巨人第1話「黒い王舞」


宝島の決闘から半年。宝島と一緒に落ちて行方不明になってしまった、王舞を探して
台湾までやってきたメンバー。


2.png
© Quadrangle / BBKBRNK Partners


いや~、弾けてましたねw
しゃべる、喋る! うごく、動く! 思わずあっけに取られてしまいました。テンション高すぎ!


4.png
© Quadrangle / BBKBRNK Partners


 ↑ こがねちゃんの喋り倒しは安定感抜群です!


第2期もお笑い要素があるようで安心しました。




サンジゲンは蒼き鋼のアルペジオなどを手掛けたアニメ制作会社。
蒼き鋼のアルペジオではCGアニメーションでありながら、作画の様な雰囲気がウケて
スマッシュヒットしました。それに続くCGアニメとして期待されたブブキでしたが、
1期については当初からの期待からすると、う~んという感じでしたね。

確かに1期の序盤だけで判断すると自分の中の評価も低いんですが8話でエピゾが登場したあたりからの、弾けっぷりは好きです。(途中で方針転換したのかな?)

あのエピゾのノリは嫌いじゃないので、第2期ではあの雰囲気が更に磨きがかかっていて嬉しいです。


特に星の巨人からメインに加わった、一希 薫子はまたイイ感じに弾けてましたw



黒の王舞を呼び出すシーン


5.png

© Quadrangle / BBKBRNK Partners


薫子「はぁ~い。前座のみんな、お疲れちゃ~ん。
私の忠実なしもべであるアジアチームのみんなぁ、ご苦労さま~。
手足のみんなも、凡人ながら凡人なりに精一杯頑張ってくれて、
この薫子もうれしいわ!
でもやっぱりオーラスはこの薫子がしめなきゃダメね!ってことで、
ウルトラでスーパーでデリシャスでゴージャスでデラックスな合体よ!」




1人でしゃべり続けていて・・・イタイw
上のセリフだけだと、ただの嫌味なイタイ子だけど、どうやらそんなに悪い子でもなさそうなので2話以降も楽しみです。


ところで、「ウルトラでスーパーで・・・」という合体のセリフがやけに子供じみていたのはこの子たちにかけていたんですかね?


3.png

© Quadrangle / BBKBRNK Partners


 ↑ ウルトラスーパーシスターズがゲスト出演!


ただでさえキャラが多いのに(1チーム5人だから5チームで25人もいるのに!)ゲストまで呼べるなんてなんだか余裕を感じますね。


1クール空けたことでシナリオの方も練り込んであるといいんだけど。自分の好みとしては、このままお笑いメイン、時々シリアスぐらいにいってくれるとうれしい。


お笑いメインと言ってもこのキャラは別。


6.png

© Quadrangle / BBKBRNK Partners



礼央子はシリアスなままでいて欲しい。

1期では礼央子がさっそうと歩く姿のエンディング曲がカッコよかったけど、2期ではオープニング曲を歌っているみたいですね。(歌っているというか、途中で何かつぶやいてる?)

今回の曲も礼央子に合っていてカッコイイです。








「アニメなんだからそこをツッコまれても」





ブブキ・ブランキ星の巨人オープニング曲





ブブキ・ブランキエンディング曲



















「Fate/Apocrypha」より、赤のアサシン セミラミスがフィギュア化。
11月18日予約開始。
予約→ 1/8 赤のアサシン セミラミス PVC(完成品)[青島文化教材]