「ひなこのーと」最終回の感想は、ゆあのセリフを借りるなら「感服ですっ!」の一言。



ひなこのーと第12話「あこがれのばしょ」



毎週楽しみにしていた癒しアニメ「ひなこのーと」が終わってしまった...


2.png
© 三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会



最終回ではひなこ達が目標としている劇団「すずらん」を見学に行く場面が出てきました。


86.png
© 三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会



が!それ以外はいつも通りの「ひなこのーと」展開。
「アレ?今日最終回じゃなかったっけ?」と思うほど、今回で終わりだという雰囲気を出してきませんでしたねw


最終回っぽいところでは、エンディングがいつもと違い、2年生になったひなこの生活が垣間見れる内容でした。


96.png
© 三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会


↑ 劇団ひととせ第3回公演の演目は「かかしのはなし」



100.png
© 三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会


↑ 井之頭公園で演劇の練習をするひととせのメンバー。



88.png
© 三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会


↑ 練習中に舞台から落ちていくゆあちゃんのこの表情好きw



95.png
© 三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会


カレンダーの日付は2018年の4月。もしかしたら、来年の春に第2期がスタートするという暗示?
完結ではなく「2期も出来るよ」みたいな終わり方はさみしさが和らいで個人的には好きです。



ひなこのーとの良かったところは、ただ、ただ、カワイイ世界に浸れるところ。シリアスな展開は無く、安心して見られるのが良かった。

カワイイといえば、今回まゆちゃんがこっそりバレンタインデーのチョコを作っていた場面の可愛さといったら、神がかってましたねw

76.png
© 三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会


真雪「いい子は早く寝なさい!ほらほら、はやく、はやくぅ」



こういうほっこり笑える場面は本当に癒しでした。(動いて喋っているまゆちゃんじゃないと、この可愛さはまったく伝わらない)

シリアスな展開は無かったといっても、ストーリーが単調な訳ではなく所々見せてくるフェチな描写がいいスパイスになっていましたね。(特に次回予告w)




↑ さりげなく、くいなの頭を左足で抱えこんでいるひなこのSっ気も笑える。
次回予告は、それぞれのキャラの見せ場が用意されていたけど、圧倒的にくいなの独壇場だった気がするなぁ。

今回は最終回なので次回予告はもちろん無かったんですが、その代りにエンドカードでなにかとんでもなくフェチ全開なものが出てくるんじゃないかと期待して見ていたけど、何もなくスルーされましたw
まあ、エンディングでもひなこ達のコスプレが見られたんでいいんですが。


91.png
90.png
© 三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会


↑ 大家さんは野武士姿でしかもふんどし!最後もやっぱりフェチだw


ひなこのーとは演劇がテーマという事で、演劇の衣装としてキャラの色々な姿が自然な流れとして見られるというのは、上手いなと思いました。
毎回のように様々なコスチュームを見られるのはゆあちゃんじゃなくても嬉しいw


84.png
© 三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会


ゆあ「感服です!」


このセリフが「ひなこのーと」の全てを言い表してる気がするw


87.png
© 三月・KADOKAWA刊/ひなこのーと製作委員会



コスプレに、ほっこりする笑いに、フェチと、楽しいアニメでした。ぜひ、第2期も制作してほしいですね!








「アニメなんだからそこをツッコまれても」






























ねんどろいどかばん、予約開始。
付属のラッキーさんはカバンの中へ収納可能。
ねんどろいど けものフレンズ かばん[グッドスマイルカンパニー]《04月予約》