よしこは人生を悟っている! 「アホガール」第4話



アホガール4ふさ目「突入!アホガール」



アホガール第4話は、正論過ぎるよしこの発言が逆に面白く感じられる回でした。
以外にまともな(?)よしこの発言を抜き出してみると、


57.png
©ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会


よしこ「どんなことも全力で楽しまなきゃ、人生もったいないぜ!」



↑ デパートの屋上で子供達と一緒に全力でヒーローショーを楽しむよしこ。
行動は突き抜けているのに、言っていることは正論。まさに馬鹿と天才は紙一重という言葉がピッタリw


学校で呼び出しをくらって、先生に“どこが分からないのか”問われる場面でも、

61.png
©ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会


よしこ「私は、わからないということは分かっている!」


63.png
©ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会


先生「ぬァー!」


ソクラテスの「無知の知」を知っているよしこはアホじゃない説w

64.png
©ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会


よしこ「人は、分からないという事を知ってこそ学ぼうとする」


62.png
©ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会


よしこ「教科書の答えで分かった気持ちにさせる、それがあんたの教育かぁー!」



78.png
©ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会


先生「ズコーン!!」


先生を論破してしまうよしこw


今回はヒーローショーに、先生との対話にと、アホだけじゃない(?)名言がいくつも飛び出した回でした。原作からのネタのピックアップのうまさが光る回でしたね。


原作者のツイッターより



あっくんの誕生日の話もかなり原作から取捨選択されていて、このアニメ、ギャグの勢いだけで押し切ろうとしているわけじゃなさそうです。それは4話のオープニングでも表れていると感じました。

毎回登場人物が変わるオープニング。今回は誰が登場するのか楽しみにしていたのですが、いつもとは趣向が変わり、よしこのウチワを使った一人遊びとなっていました。

67.png
©ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会


OP曲のリズムに合わせてウチワが小刻みに前へ出てきたリ、

68.png
©ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会


よしことあっくんの仲を邪魔する委員長が登場し、それをあっくんが止めに入るというよしこの妄想が膨らんだり、

69.png
70.png
©ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会


委員長が逃げて行くときに、OPの歌詞「恐ろしや~♪」にちゃんとリンクしていたり、

72.png
©ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会


見つめ合うよしことあっくん。ここでもOPの「恋い焦がれたら、全力アピール♪」という歌詞にリンクしてます。更に、今度はゆっくりと揺れながらウチワが前へせり出してきます。(小技が効いてるw)

73.png
©ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会


ウチワがくるっと反転していい雰囲気の2人。

74.png
©ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会


ここでも歌詞の「カッコつけない魅惑のラブストーリー、ダーリンI LOVE YOU~♪(ホアホア)」にリンクしてます。


見ていて楽しいし、よく出来ているオープニングでした。(これ完全に制作陣が楽しんで作ってる気がするw)
楽しんで作られているアニメは見る側もやっぱり楽しい気分にさせられますね。








「アニメなんだからそこをツッコまれても」




アホガールの試し読みはこちらからできます→ 「アホガール


コミック全巻セット











「Fate/Apocrypha」より、赤のアサシン セミラミスがフィギュア化。
11月18日予約開始。
予約→ 1/8 赤のアサシン セミラミス PVC(完成品)[青島文化教材]