まさに刀剣が乱舞してた! 活撃刀剣乱舞第7話。



活撃刀剣乱舞 第7話「第一部隊」



今回の活撃は第一部隊の強さを見せつけられた回でしたね!


71.png
©Nitroplus・DMMGAMES/「活劇 刀剣乱舞」制作委員会



部隊にする必要ないくらいそれぞれに強いし、個性が表れた戦い方でした。



天下五剣のひとつ、大典太光世。


72.png
©Nitroplus・DMMGAMES/「活劇 刀剣乱舞」制作委員会


大典太「今日は雷か...残念だったなお前たち、
俺は雷の日が一番調子がいい。」


75.png
©Nitroplus・DMMGAMES/「活劇 刀剣乱舞」制作委員会


全てを薙ぎ払う、見た目通りの豪快な一撃!



髭切と膝丸、源氏兄弟の連携。


76.png
©Nitroplus・DMMGAMES/「活劇 刀剣乱舞」制作委員会


膝丸「どうした!この程度かい!
これでは我ら兄弟を止められんぞ!」


77.png
©Nitroplus・DMMGAMES/「活劇 刀剣乱舞」制作委員会


大太刀をバッタバッタと雑魚扱いw 


部隊での任務は初めてだった骨喰藤四郎も一人で大太刀を倒すほど強いし!


78.png
©Nitroplus・DMMGAMES/「活劇 刀剣乱舞」制作委員会



第五話で命を賭けて大太刀を倒した蜻蛉切の立場はどうなるw (蜻蛉切の相手は別の種類か?)



ツワモノ揃いの第一部隊を山姥切はちゃんと隊長としてみんなを率いていたし。


79.png
©Nitroplus・DMMGAMES/「活劇 刀剣乱舞」制作委員会


山姥切「よし、みんないくぞ!
時間遡行軍を殲滅する!」



カッコイイ~!!
でも、カッコイイだけじゃない、山姥切 “らしさ” を見せる場面も。


80.png
©Nitroplus・DMMGAMES/「活劇 刀剣乱舞」制作委員会


山姥切「足利宝剣、源氏の重宝、天下五剣、いずれも名だたる刀剣ばかりか...」


81.png
©Nitroplus・DMMGAMES/「活劇 刀剣乱舞」制作委員会


山姥切「なのに、俺は...」


写しであることを気にする山姥切w 活劇はシリアス路線なので、山姥切がネガティブ思考に陥るシーンは意外でした。(こういうところも入れてくるあたりが制作陣は分かっているというか、配慮なのかw)

次回予告でも無口な山姥切らしいシーンが出ていました。


82.png
©Nitroplus・DMMGAMES/「活劇 刀剣乱舞」制作委員会



こちらは本編に関係なく、やりたいように出来る場面だからいいんですが、骨喰と山姥切、無口な者同士の絡みが面白かったですね。



今回、第一部隊の中でも圧倒的な強さを見せつけたのが天下五剣のひとつ、三日月宗近。


83.png
©Nitroplus・DMMGAMES/「活劇 刀剣乱舞」制作委員会


三日月「若者達が活路を開いたか、ならばオレも少し本気になるかな」



本気を出すと三日月の通った軌道や刀の軌跡が三日月型に見えるのには「おおっ!」と唸りましたね。


84.png
87.png
©Nitroplus・DMMGAMES/「活劇 刀剣乱舞」制作委員会



普段は飄々としているけど、やっぱり強かった!



今回の第一部隊の戦闘を見ていると、「あれ?このアニメの主役は兼さん達、第二部隊じゃなかったけ?」と思わず思ってしまいますねw 第二部隊と第一部隊で別クールに分けて放送しても十分な濃さです。

これだけ第一部隊が強いと担当のこんのすけが憎らしく思えてくるw


ツイッターより




第一部隊の活躍回だった今回からオープニングではちょっとした変化がありました。



ツイッターより




第6話で第一部隊のメンバーが判明したことで、第7話のオープニングから影がとれています。

見比べてみると、


69.png
70.png
©Nitroplus・DMMGAMES/「活劇 刀剣乱舞」制作委員会




三日月は最初から見えていたし、山姥切もボロ布をかぶっているシルエットで何となく想像はついていたけど、他の四人の登場はちょっと意外でした。


オープニングにまで第一部隊が進出してきて、本当に乗っ取られるw この先どのように第二部隊と絡んでくるのか?あれだけ強いと第一部隊だけで事足りそうだけど・・・どういう展開が待っているのか楽しみです。








「アニメなんだからそこをツッコまれても」






















Fate/Apocryphaオープニング曲 8月16日発売
アニメ盤は10月末までの期間限定生産です。

購入→ 英雄 運命の詩(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)