海に行ったのに温泉かよ! チアフルーツ第7話「がんばれ!! ミカピョン」



アクションヒロインチアフルーツ 第7話「がんばれ!! ミカピョン」



今回のチアフルーツは冒頭から黄瀬美甘がヒナネクターから脱退か!?という不穏な空気で始まりました。


199.png
©チアフルーツ製作委員会



ピンク大活躍編のシナリオが上がらず、思い悩む美甘。


196.png
©チアフルーツ製作委員会



↑ シナリオは置いておくとして、自分のセリフが「つ・・・!」と「くっ・・・!」だけなのが、迷走感が出ていてなんだか笑えるw


行き詰った美甘はキャップに相談を・・・

200.png
©チアフルーツ製作委員会


美甘「イエローをメキシコに引っ越させちゃダメでしょうか?」




まさかのイエロー脱退!?
今までチアフルーツはネタで笑わせて、中盤少しホロリとする話を持ってきて、最後は大円満で終わるという王道パターンだったのに、今回はどうした!?

そして翌日、美甘から語られる重大発表。


201.png
©チアフルーツ製作委員会


美甘「あの・・・色々悩んだんですけど、どうしても新しい台本が上手くいかなくて
それで相談なんですけど・・・」



202.png
©チアフルーツ製作委員会


美甘「みんなで海に行きませんか!」
一同「え?」




脱退の話ではなく、まさかの海!
重い展開と見せかけて、海に遊びに行く話というw この展開には意表を突かれましたね。一気に重かった空気は吹き飛びました。
チアフルーツでシリアスな展開は物語のスパイスであって、話の基本は笑顔で見られること。それがチアフルーツ!



冒頭で唐突な海展開になったものの、ストーリーはというと、


204.png
©チアフルーツ製作委員会



海に出かける途中、雷の影響で止まってしまった気動車の中で泣いている子供たちを安心させるため、美甘を中心にチアフルーツの面々がうたを歌い、これをきっかけに美甘はスランプを抜け出すというお話でした。


207.png
©チアフルーツ製作委員会



子供の為に一生懸命になれる、これぞ本当のヒーロー、ヒロインの姿といった感じでしたね。
今回のストーリー、冒頭はどうなるのかと思ったけど終わってみればいい話でした。しかし!海へ行くと言っておきながら海のシーンはほんの少しだし、なぜか温泉シーンの方が多いくらいでサービス回になっていました。お色気を忘れない、これもチアフルーツかw


今回はストーリー重視だった為かオマージュネタはあまり目立たなかった気がします。(気付いてないだけ?)
ネタ以外にも気になった所など拾えるだけまとめてみました。






・ぱーぷー

214.png
©チアフルーツ製作委員会


園児「ぱ~ぷ~の、しむら~ぁ」


215.png


紫村「このわたくしをぱーぷーとは」
杏「子供じゃなきゃ半殺しだね」
紫村「おい!」



子供がパープルを上手く言えないくらいで半殺し?と思って調べたら、「ぱーぷー」とは広島弁でアホという意味だそうです。(なるほど)今は死語になって使われることはほとんどないみたいですが。






・宇宙刑事シャリバン

208.png
©チアフルーツ製作委員会


杏「夏だ!海だ!房総半島を襲うメテオの群」
元気「何それ」
杏「銀河婦警キャピィ 18話のサブタイだよぉ」




銀河婦警キャピィの元ネタは宇宙刑事ギャバンだと思われますが、サブタイの元ネタは宇宙刑事シャリバンから取っているようです。
宇宙刑事シャリバン第18話、本当のサブタイは「夏だ!海だ!伊豆半島を襲うメテオの群」。
チアフルーツの舞台が千葉県の大多喜町なので伊豆半島の部分が千葉県の房総半島に入れ替わってますね。





宇宙刑事シャリバンは1983年3月から1984年2月まで、放送された東映制作の特撮テレビ番組。メタルヒーローシリーズ第2作目。
前作、宇宙刑事ギャバンの最終回にはシャリバンが登場するなどギャバンとの繋がりがあり、宇宙刑事の続編として描かれた作品です。






・帰って来たウルトラマン

205.png
©チアフルーツ製作委員会



杏ちゃんが着ているTシャツの文字「この一発で地獄へ行け!」は帰って来たウルトラマン第27話のサブタイトルからそのまま取られています。





「帰ってきたウルトラマン」は、1971年4月から1972年3月まで放送された特撮テレビ番組。
当初は初代ウルトラマンが帰ってくる設定であったためにタイトルが「帰ってきたウルトラマン」となるも、その設定は没となり、後に「帰ってきたウルトラマン」の正式名称は「ウルトラマンジャック」と言う名前が与えられた経緯があります。






・小学生体型、桃井はつり

209.png
©チアフルーツ製作委員会


緑川「桃井、小学生みたいだなぁ」
桃井「えーっ、ボクの最大のオシャレなんですけど」



チアフルーツの中で一番身長の低い桃井はつりは、プロフィールによると身長は152㎝。これは桃井役の声優 豊田萌絵さんと同じ身長(らしい)です。






・鉄道マニア ろこ

211.png
©チアフルーツ製作委員会


首から下げているのはアクセサリーと見せかけて、チケットホルダー(たぶん)。もしかしたらホイッスルかもしれないけど、よく見てみると厚みがなさそうなのでチケットホルダーだと思います。
ろこの鉄子アピールは衣装のパーツが車輪だったリと余念がないw


212.png
©チアフルーツ製作委員会







・突撃! ヒューマン!!

218.png
©チアフルーツ製作委員会


美甘「みんなー、この雷は悪の帝国が引き起こしているの。
でも、みんなでうたを歌えば吹き飛ばせる。できる人?」


219.png
©チアフルーツ製作委員会


美甘「はーい!」
子供達「はーい・・・」
美甘「ちょっと声が小さいぞ」


217.png
©チアフルーツ製作委員会


(チアフルーツのうちわをクルクル回しながら)
美甘「もう一度。いっしょにお歌を歌えるひとー?」
子供達「ハーイ!」




「突撃! ヒューマン!!」は、1972年10月~12月まで放送されたヒーロー番組。
当時人気だった仮面ライダーに対抗して企画された番組で、特徴は舞台の公開録画というスタイルだった事。
主人公がヒューマンへと変身する際には、客席の子供たちに配られたヒューマン・サイン(厚紙製のうちわのようなもの)を回す事で変身可能。
またオープニングやエンディングを子供達と一緒に歌ったり、ヒューマン準備体操と呼ばれる体操を一緒に行うなど、参加型のヒーローショーだったようです。しかし、斬新だった為かあまり受け入れられず、不発に終わった企画だったようです。









・ちかれたびー

221.png
©チアフルーツ製作委員会


杏「あー、流石にちかれたびー」




「ちかれたびー」は、1974年「新グロモント」のCMキャッチコピー。
ちかれたびーは、 「疲れた」を意味する秋田県鹿角市地域の方言。1975年の流行語となりました。






・太陽戦隊サンバルカン

233.png
©チアフルーツ製作委員会


御前「ごめんね、付き合わせちゃって」
ろこ「一人より二人がいいって有名な歌があるでしょ」




「一人より二人がいい」は、サンバルカンのエンディングテーマ「若さはプラズマ」より。


「若さはプラズマ」

(プラズマ プラズマ)
 一人より 二人がいいさ
 二人より 三人がいい
 力も夢も そして勇気も
 それだけ強く でかくなる

(歌詞抜粋)






太陽戦隊サンバルカンは1981年2月~1982年1月まで放送された東映制作の特撮テレビドラマ。「スーパー戦隊シリーズ」第5作にあたり、シリーズで初の戦隊チームが男性3人のみの構成。女性メンバーの復活を望む声は多く、翌年の「大戦隊ゴーグルファイブ」では女性メンバーが復活し、以後男性だけの戦隊チームは作られなくなった。






・早口言葉

242.png
©チアフルーツ製作委員会


美甘「ハーイ!みんなー、ようこそフルーツの里、日菜野へ。
こんなに来てくれてうれしいから、とびっきりの早口言葉やっちゃうよ!」



美甘が早口言葉を披露したのはドリフターズの「8時だよ!全員集合」で、行われていた早口言葉が元ネタだと思われます。
ドリフの方は音楽のリズムに合わせてメンバーが早口言葉を披露するというものでした。









・予告

243.png
©チアフルーツ製作委員会


緑川「ガラスのようにもろく壊れやすい仮面。
人は素顔を隠してそれをかぶる。
元気は素顔を隠してメガネをかける~」
元気「ダメ。もっと重々しく。」
緑川「ガラスのようにもろく壊れ・・・」
元気「ダメ!重すぎる。」
緑川「ガラスのように・・・」
元気「軽すぎ!」
緑川「がらっ・・・」
元気「広瀬ゆうきっぽすぎ!」
緑川「どうにもならんわ!
次回、青山妹、演出はじめるってよ
なんか今からこわいんですけど~」



・「ガラスのようにもろく壊れやすい仮面」は、「ガラスの仮面」より。

・「青山妹、演出はじめるってよ」は、映画「桐島、部活やめるってよ」を元ネタにしていると思われます。(そんなに古くもなく、特撮ネタでもないので、いまいち繋がりが分かりませんが、もしかすると作者の朝井リョウ作「チア男子!!」にもかけているのかな?)

・「広瀬ゆうきっぽすぎ!」は、緑川未那役の声優 広瀬ゆうき さんの事。


ツイッターより




今回で7話が終了し、物語は折り返し地点。なんだかあっという間ですね。後半はどんな展開、ネタが待っているのか楽しみです。







「アニメなんだからそこをツッコまれても」









ねんどろいどかばん、予約開始。
付属のラッキーさんはカバンの中へ収納可能。
ねんどろいど けものフレンズ かばん[グッドスマイルカンパニー]《04月予約》